眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

城北菖蒲園は大阪市の北東部にあたる旭区というところにあります。

隣には大阪工業大学があり 城北公園という大きな公園の中にありました。

地域の憩いの場として親しまれている公園らしく 自転車で来ている方がたくさんおられました。
犬の散歩をしている人も多くいろいろな犬と出会うことができました。

6月中旬までが城北菖蒲園の開園期間で 今が最後の見ごろということでした。
開園時間は午前9時から午後5時まで入園料はおとな200円でした。
付近に駐車場はありません。民間の駐車場をみつけて少しぐらい遠くてもあるくことになります。
この公園は1934年開園されたそうです。
昔の淀川はこの公園あたりで南に曲がっていて 大阪城のほうにむいていたらしいのです。明治の大工事で北に変えたそうです。川の流れが変わり 川の南側の跡地に公園がつくられ花菖蒲がうえられたそうです。こちらの花菖蒲園は回遊式でした。1.3haの広さの敷地に江戸系、伊勢系、肥後系の3系統の花菖蒲250品種13000株があるそうです。
園内は邦楽が流れており 菖蒲の美しさがいっそう増します。
]
愛犬は花菖蒲園に入ることはできません。交替で見学になります。ゆっくり見学しても30分ほどでした。
公園の北側にある大きな橋からの眺めもすばらしいのでそちらの見学もお勧めします。