読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

7月の3連休が始まりました。  

いつもより少し足をのばして 日本百名山のひとつ 伊吹山へ出かけました。  
伊吹山滋賀県岐阜県との県境にあります。標高は1377mあるそうです。

         
今回は 愛犬プリンのお友達ヨークシャーテリアのヴィヴィちゃんを誘ってでかけました。    
               
朝7時半に宝塚の我が家を出たのですが 少し渋滞にあい伊吹山ドライブウェイへ入れたのは10時ごろになっていました。
カーブの続く道を進んでいくとどんどん温度が下がり涼しくなっていくのがわかりました。  
9合目の駐車場へは10時半ごろにつきました。駐車場はまだまだあいている状態でした。
   

 
頂上までは三つのコースがありました。(20分、40分、60分)
登るには二つのコース(20分、40分)が表示されていました。     
私たちは犬づれなので一番の最短コース 20分で頂上にいけるというコースを選びました。
そのほかには 40分のコースがありました。下りは60分のコースが表示されていました。
         
20分コースは 頂上がほぼみえているので 疲れはなくのんびり歩くことができました。

プリンもヴィヴィちゃんも涼しいので足取りも早く 登っていました。

広々と草原がひろがり、眼下の景色はすばらしく たくさんのひとがお弁当をたべたり横になったりしていました。

      
頂上ではプリンもヴィヴィちゃんも元気いっぱいで二匹でじゃれあったりして楽しんでいました。
    


              

頂上のトイレは 山のトイレとはおもえないほどきれいでした。美しさを保つためのコインいれがありました。

どこの山もこんな風になればよいのにと思いました。      



頂上では霧がどこからともなく発生していて涼しくなったり 暑くなったりと時々刻々と変化していました。

下りの60分コースでは 花畑が広がりいろいろな花をたのしむことができました。

         



あまりの花畑のさわやかさ、気持ちよさに60分の下りコースはあっという間に終わりました。

もう少しあとだともっと花畑が色とりどりになるそうですが これは次回までのお楽しみになりました。