読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

宝塚から自動車で1時間半ほどで丹波篠山の城下町につきました。

朝8時ごろつきました。 町並みを歩くには すいていて丁度よくのんびり散歩することができました。

まず「篠山市武家屋敷 安間家史料館」という現存する武家屋敷の町並みをあるきました。
以外にも藁ぶきの家で最近見た「武士の一分」という映画にでてきたような家でした。
天保年間の徒士住宅で篠山藩主の家臣の家でした。
  

そのあとのんびり歩いて行くと池があり魚釣りをしている方や道路の真ん中を歩くアヒルもいました。


篠山城の跡地に大書院が復元されていました。

中に入ると時代劇に出てきそうな 美しい襖絵の大きなお部屋がありました。

戦国時代の歴史ドラマで要所として よくでてくる篠山城は 砦のようなものであったみたいです。

愛犬プリンが のんびり休んでいました。

篠山城周辺が こんなにまとまった観光地だったとは 驚きました。