時間ができたら以前より行ってみたいとおもっていた場所。

世界最長のつり橋・明石海峡大橋・舞子海上プロムナードを楽しむ

f:id:purinmammy610:20180401152237j:plain

 

f:id:purinmammy610:20180401151404j:plain

明石海峡大橋は本州と四国を結ぶ世界最長のつり橋です。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸は舞子公園のエリアにあります。

客室からの景色は絶品で 淡路島のハイウェイオアシスにある観覧車まで見ることができました。

 

f:id:purinmammy610:20180401151445j:plain

 

 


2018 3 29 舞子ビラ神戸からの眺め

 

 

明石海峡大橋・舞子海上プロムナードは空中に作られた遊歩道です。

一部床面がガラス張りにしてあります。

直接 海の表情を見ることができ スリリングな感じがしました。

展望ラウンジもあり明石、淡路島、行きかう船等をみながらお茶を楽しむことができました。

 


2018 3 30 舞子公園・舞子海上プロムナード

旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸は明治40年に舞子海岸に建てられた西洋式住宅です。
武藤山治氏がお亡くなりになった後は、鐘淵紡績㈱により「鐘紡舞子倶楽部」として従業員の厚生施設に利用されていたそうです。

明治40年築とは思えないおしゃれな建物でした。

明治時代は海外の国々に影響を受け 日本が西洋化していく文明開化の時代であったことをかんじました。

暖炉、テーブル、いす、リンカーンの自画像、ステンドグラスの窓等々西洋に追いつこうとする明治の日本を感じました。