眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

アメリカ・アリゾナ州にあるアンテロープキャニオンはナバホ族の居留区にある絶景ポイントです。

アリゾナ州・ペイジという街にナバホ族の男性が迎えにきてくれます。
4輪駆動のトラックでした。
どうやら荷台に乗るらしい。

とりあえず 歓迎の意味でナバホ族のショータイムが始まります。


ショータイムのあとトラックの荷台に乗り がたがた道に揺れながら砂ぼこりの中を進みます。

30分ほどでアンテロープキャニオンの入り口に到着します。

ナバホ族の案内人の誘導でアンテロープキャニオンの中に入ります。
峡谷の間の道はせいぜい2mほどです。
曲がりくねった道を50mほど進みます。
大きな岩の間に雨等による鉄砲水で できた隙間のような川の道でした。


峡谷の中の隙間に光が差し込みオレンジ色の壁面が現われます。


今でも雨等が降ると雨水が岩と岩の間を水が流れて見学は不可能だそうです。

ナバホ族の案内人が奥まで進むと笛を吹いてくれました。