読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

碧いアドリア海に突き出たオレンジ色の街「ドブロヴニク」はかわいい感じのするところでした。

こじんまりとしていましたがしっかり守られてきたと自己主張しているような作りになっていました。
1991年にクロアチアが独立。
その後も旧ユーゴスラビア軍とセルビア人の反撃を受ける内戦が4年ほど続いたそうです。

ドブロヴニクはアドレア海の真珠と表現される街なので見学することを楽しみにしていました。
街は城壁に囲まれていて城壁が2kmの遊歩道になっていました。
城壁の高さは最高地点で25mあり街を全体から見ることができました。 
ただ城壁といってもお城があったわけではありません。
街を守るための壁といったところです。
ドブロヴニク旧市街はピレ門から入場します。 
ピレ門から旧市街へ入ると最初にオノフリオの大噴水がありました。。
1438年にナポリの「オノフリオ」という人物が造った大きな噴水で、今でもチョロチョロと水が流れていました。 手をあらって見ると水は冷たかったです。   
すぐそばからは城壁に昇ることができる階段入口がありました。
ピレ門から南北に約300m続くメインストリートがプラッツァ通りです。
左右にはお土産屋、銀行、カフェ・レストラン等がぎっしり並んでしました。  
街を見学しながら南側まで行き 城壁をくぐるとドブロヴニク旧港へ出ました。
城壁を反時計回りに歩きました。
黒光りする砲口が、今も南の海を見張っていました。
城壁の上からドブロヴニク旧港みるとロクムル島が見えました。
一番高い塔が城壁の中で最も高いミンチェスタ要塞です。   
急な石段を登りミンチェスタ要塞に登りました。
城壁の中の景色は「赤い屋根」の街並みでした。
宮崎駿監督の「紅の豚」のモデルになったといわれている「ドブロヴニク」を象徴する美しい街の景色でした。
クロアチア世界遺産はその中に人が住んでいるといったところが多く
クロアチアの人々が大切に守り育てている感じがしました。