眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

アスワンからルクソールまでナイル川クルーズを楽しみました。

バスなら6時間ほどの距離です。
3泊4日の間 5つ☆豪華客船ナイルスタイル号に乗船しました。
ナイル川のクルーズ船は280隻ほどあるそうです。

旅行者が多いときは船々が一列に並び船と船のロビーを通りすぎ岸まで行きます。
対岸観光する時は おしゃれな渡り船にのります。

ナイルスタイル号の船室は1F〜3F、4Fのサンデッキにプールやたくさんの簡易ベッドありました。
1階にレストランと客室、2階に大きなパーティ室のほかに客室がありました。

3階はゲーム室やインターネット関係の部屋、客室、4階はショッピングができるエリア、客室になっていました。

食事は3食ともビュッフェスタイルでした。
午後3時にはティタイムが設けられていてお菓子お茶が準備されていました。
私たちはクリスマスの24,25,26日だったのでクリスマスパーティが2日間ありました
お料理はクリスマスの対応してあり楽しい飾りも施されていました。

エジプトの民族衣装のガラベイヤを着用して参加するガラベイヤパーティも色々な国の人が参加して世界規模でたのしむことができました。
朝食は日本食の日もありました。
お味はエジプト使用でしたがとても美味しく感じました。

私のお部屋は3階だったです。
ドアを開けると両側に大きな鏡のクローゼットとバスルームがありました。

部屋の大きさは日本ではビジネスホテルといったところでしょうか・・?
お湯が心配なく使えるのでシャワーやお風呂にしてゆっくりつかることも可能でした。
窓際には小さなテーブルとイス、ライティングデスクと大きな鏡が備え付けてありました。
広くはありませんが船室でこの設備なので のびのび横になることができました。
ベッドに横になると 静かにナイル川を船が進んでいくのを感じます。
景色がゆっくりとうごきます。
ナイル川クルーズの一番の贅沢でした。

観光のために上陸する。また船に戻る、食事をしてのんびりする。
この繰り返しになります。
昼間にサンデッキにいきゆっくりしているのはドイツ人等ヨーロッパの人ばかりで 日本人は体感温度がついていかないのです。

心配していた船酔いもせず ゆっくりした時間が過ごせました。