眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

岩木山は魅力的な山でした。

五能線千畳敷海岸を見学に行く道路では どこからも岩木山を美しく見ることができます。

岩木山は独立峰で山頂の山の形がなければ津軽地方のどこからでも見える富士山のような山でした。
津軽富士ともいわれているようです。
岩木山頂上部分は象形文字の山という形を思わせる山でした。

見れば見るほど頂上の山の形がユニークで親しみを感じる山でした。
「リンゴ追分」「津軽のふるさと」「帰ってこいよ」「津軽じょんがら節」等知っているだけの有名な曲があたまにうかびました。

岩木山には、山椒大夫で有名な安寿と厨子王の伝説が残っています。
筑紫に流された父を尋ねてる旅の途中に母親、姉弟は人買いにだまされて山椒大夫に売られてしまいます。
その後 姉弟そろって津軽ににげのびたというものです。
逃げ延びた津軽で安寿姫は岩木山の神さまになりました。
弟の厨子王は都に上り、丹後・越後・佐渡の領主となります。
その後 山椒大夫を罰して仇を討ち、佐渡で盲目となった母と再会するというお話です。