読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

今日はスイスの建国記念日でした。

家々には日本の昔のように国旗が飾られていました。

夜には各地で花火があげられパレードやフェステバルが開かれ 建国をお祝いしていました。

今日は朝早くからユングフラウヨッホに向けて出発しました。
今日はどうやら快晴になりそうな朝の空模様でした。
20年前ユングフラウヨッホを観光した時は くもり空でスフィンクス展望台で雲が切れるのを待ったのを昨日のことのように思い出していました。
以前同様インターラーケンオスト駅からクライネシャイデックを経由ユングフラウヨッホ行の登山電車に乗り込みました。

天候が素晴らしく あまりのナイスビューにカメラのシャッターに力がはいりました。
ユングフラウヨッホ駅までは2駅あり ベルナーオーバーランドの山々を楽しむための窓が準備されていました。
停車時間はわずかなのですが景色を眺めたくなり、気持ちが焦り気味です。

なんといっても高山病になってもいけないので自分を抑えながら走らないで落ち着いて行動するように心がけました。
標高3454mのユングフラウヨッホ駅に到着。

この高度の場所にこれだけの施設を作っていただいた方々に感謝しました。
スフィンクス展望台ではものすごい光で 周辺の山に登っている人まで見ることができました。
あまりの絶景でしばらくスフィンクス展望台にいました。
そのあと外に出て 雪を踏みしめ登山者の方々の無事を祈りました。

今回はこの後アイガーグレッチャー駅からピクニックの予定だったので早々に引き揚げました。
アイガーグレッチャー駅は嘘のように体感温度が上がり上着を2枚も脱ぎました。

このシーズン高山植物が素晴らしいということでしたが 別天地のように美しかったです。
後ろにはアイガー西壁、視界に大氷河をみながらのピクニックになりました。

しばらく行くと草原が広がり 少しずつ花々がふえて時々登山電車が行きかいすばらしい時間を過ごすことができました。
2時間ほどぶらぶら歩いてクライネシデックに到着しました。

まだまだ歩きたいのんびりしたい気持ちで一杯でした。
日本でお留守番の愛犬プリンとよく似た犬と出会えたのはおまけをもらった気持ちでした。