眼が見えにくくなり、音も聞こえにくくなっています。美貌はまだまだかわいい女の子です。

大阪府高槻市市街地からほんの数十分でポンポン山というおもしろい名前の山があります。

ポンポンと山道を歩くと音がするのかどうなのか その気になるとポンポンと聞こえないでもない? 山でした。

今日は暑くなりそうな一日なので登るのに1.6キロの最短コースを選択しました。
出灰(いずりは)と読む地名のバス停方面から登りました。

ポンポン山登山口の道しるべがあり そちらの橋を渡るとすぐに尸陀寺跡(「しだじ」と読みます)がありました。
なんと一休和尚さんがここに住んでいたらしいのです。
愛犬プリンをカンガルーのお腹のような袋にいれ のぼっていくには少々険しい道でした。

やはり最短コースとはそういうものなんだな?と思いながら登りました。
汗をいっぱいかきながらなんとか頂上に着いたのですが 1時間ほど登るのにかかりました。      



頂上でやすんでいるとほかの道は自転車コースになっている道もありました。
こちらは 犬はおことわりと表示してありました。
山頂は広く案内板なども立っていてお弁当を食べたりしている人もいました。
晴れていれば山頂からの眺めは最高なのでしょうが今日は少しもやがかかっていました。
山頂で足踏みするとポンポンという音がしたような気がしました。